4 Necessity

アトリエアーク

4つの要[かなめ]


Know

現場に足を向け、現場をよく知る。

建築デザインとは、お客さまの希望が、現場に植えられ、成長していくものだと考えます。だから、アトリエアークではお客さまの希望を知ると共に、お客さまの現場を知ることも同じくらい大切だと考えていす。


Drow

イメージはまずこの手で描く。

最初のご提案では、手描きのラフスケッチをお見せ致します。そこでお客さまのご希望を描き重ねていきます。アトリエアークではこのような過程を大切にして、丁寧にデザインを進めていきます。


COOPERATE

共同して、デザインする。

アトリエアークでは「デザイナーズ」という冠のつくものは創れません。
お客様と、とことん向き合い、話し合い共にデザインを創り上げていきます。


ANSWER

納得のいくコストを実現する。

なぜこんなに安いのか。
なぜこんなに高いのか。
理由を明確にすることで、お客様が納得のいくプランをご提案致します。

Work Flow

デザイン設計の

流れ


イメージを手書きパースに。

顔合わせをさせていただき、ご出店の店舗内容をお聞きしお客様のイメージを聞かせていただきます。
事業予算はデザインに関係してくるのでとても大切です。坪単価で大体の予算は見当がつくので相談してください。現地の図面がなければ後日現場調査させていただきます。スケジュール等もお聞かせください。

お客様の思いをぶつけてください。

お客さまから聞かせていただいた内容をもとに、平面計画・ラフデザインをまとめ2週間程で提出させていただきます。デザインのコンセプトを説明させていただき、お客様と一緒に方向性をまとめていきます。この時点で100%お客さまのイメージを表現するのは難しいので、思いっきりお客さまの思いをぶつけてください。イメージをまとめて基本設計に入らせていただきます。

最終CGパースをもとに実施設計へ。

設計契約を交わさせていただいたら、基本設計を提出させていただき
最終のパースを提出しデザイン・平面計画を確定します。
この時点でデザイン設計費10~30%の契約金が必要になります。

工事会社を決定し、いよいよ着工へ。

最終CG使用材料等をサンプルなどで確認し、設計図書を作成します。
ここでは細かいディティールなど詳細図を作成しお施主さまと確認していきます。それと同時に工事会社に見積もりを依頼し最終的な工事予算を決定し、工事会社を決定します。
ここでは工事会社との契約になるので工事費の20~30%の着手金が発生します。また設計費の50~70%の中間金が必要になります。そして、いよいよ着工です。

現場の状況を入念にチェックします。

工事工程を確認後着工します。お客様と工事会社と共に現場の状況を確認しながら進めていきます。この間に行政の申請関係(消防・保健等)を作成します。中間検査後、工事費の40~50%の中間金が発生します。週2~4回、現場打ち合わせし仕上がり状況を入念にチェックしす。

現場の最終確認を経て、工事完了です。

工事会社を決定し、いよいよ着工へ。最終の検査です。
お客さまと工事会社と弊社で現場を確認します。
チェックした部分を後日最終確認し引き渡しになります。工事費とデザイン費の残りを
お支払いいただきます。